2014年6月28日(土)

WgetのOpenSSLライブラリー

2年弱ぶりの投稿。Windows XP機ではVisualWgetというWgetのフロントエンドのダウンローダーを好んで使用しているが、付属のWget自体がバージョン1.11.4と古いのもさることながら、OpenSSLライブラリーのバージョンも古い。そこで、脆弱性が話題になったOpenSSLのほうだけでもアップグレードしてみた。

付属のOpenSSLライブラリーは、libeay32.dlllibssl32.dllの2ファイル。OpenSSL公式サイトで挙げられているバイナリー配布サイトの一つ、https://indy.fulgan.com/SSL/から、openssl-1.0.1h-i386-win32.zipをダウンロードし、解凍・展開すると、その中の一部にlibeay32.dllssleay32.dllの2ファイルがあった。ssleay32.dllとは一体どういうことだ、libssl32.dllじゃないのか。とりあえず、ssleay32.dllからlibssl32.dllにリネームし、先ほどのVisualWgetに付属のOpenSSLライブラリーに上書きしたら、普通に動作した。意味わからん

Posted by 不法電波 at 14:33
Categories: コンピュータ | 楽天
Comments | Trackbacks

TopBottom

Trackbacks

Trackback URL:
http://ventura.pv.land.to/tt-cgi/tt_tb.cgi/199

TopBottom

Comments






保存しますか? Yes No


(URL以外は入力必須、過少コメント・連続投稿は不可)

TopBottom

< 煩わしい印刷ジョブの削除 | Home