2011年10月30日(日)

win32-EUballotとは何ぞや?

最近のMozilla Firefoxのビルドに、win32-EUballot向けというのがある。
これは何ぞや、と言うと、欧州経済領域向け、つまり欧州連合(EU)及び欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国向けのビルドという事らしい。

Support/EUBallot - MozillaWiki』を読んでもさっぱりわからないが、『about:mozilla » Firefox Mobile, Weave, EU ballot, Add-ons manager, Interns, Test Pilot, MDC, Store, OOPP, Lightning, and more…』で何となくわかった。
欧州委員会とMS、Windowsのブラウザ選択を巡る独禁法問題で和解』によれば、マイクロソフトがWindowsとInternet Explorerを抱き合わせる事で、ウェブブラウザの市場を独占しているため、『Information Regarding Web Browsers』という画面でユーザにウェブブラウザを選択させる事となった(EU browser choice submission)。
で、win32-EUballotというのは、その仕組みのためのビルドの事のようだ。
なお、具体的に通常のビルドとどこが違うのかは試していない。
だって、欧州経済領域向けのため、win32-EUballotの中にja(日本語)向けビルドはないのだから。

Posted by 不法電波 at 15:16
Categories: コンピュータ | 楽天
Comments | Trackbacks

TopBottom

Trackbacks

Trackback URL:
http://ventura.pv.land.to/tt-cgi/tt_tb.cgi/184

TopBottom

Comments






保存しますか? Yes No


(URL以外は入力必須、過少コメント・連続投稿は不可)

TopBottom

< Apache 2とASP.NET 2.0でDasBlog | Home