2008年5月17日(土)

酷いよ大佐殿

先日秋葉原でアーケードゲーム、機動戦士ガンダム 戦場の絆をプレイした時の話。
6vs6で6人同時出撃した際、もう二度とあのお店ではプレイしたくないと思うような出来事があった。

のっけから若い大佐がフランクな口調で話しかけてきて、ちょっと引き気味な小官。
大佐「タンクで出撃するんで援護来て」
小官「(>Д<)ゝ”了解!」
1戦目が始まり、全員がタンクの援護に回って…。
大佐「タンクの戦線張れてる(敵にアンチがいない)からアンチに回って」
小官「(>Д<)ゝ”了解!」
大佐と1人を残して4人がアンチに回ったが、同様の行動を取っていた敵軍の同盟軍は我々ジオン軍より数段早く判断したらしく…。
大佐「タンク囲まれた、すぐ援護来て」
小官「(>Д<)ゝ”了解!」
敵のタンクやその取巻きと対峙してすぐで、俺とあと1人は援護に戻ったが、残りの2人はフランクな口調が気に入らなかったのかガン無視、結局我々の敗北、舌鋒鋭くなる大佐。
大佐「アンチ回るんだったらそう言わないとわからないじゃん」
我々「…」
ガン無視の2人、返答に窮した小官、しかし小官と援護に戻った1人だけが以後気を付けると大人の対応。
大佐「次は好きな機体に乗って好きにやって! フォローないけどね」
2戦目もジオン軍の行動はよりバラバラで、結局また敗北、より舌鋒鋭くなる大佐。
大佐「(敗北に)この状況じゃしょうがないよ! はいどーも」
小官「…どーも」

確かに佐官・尉官の構成で決して強いメンバーじゃなかったかも知れないけど、格差戦ではなかったし、そもそも味方をバラバラにしたのは誰なのか。
我々の前に出撃した連邦軍の6人にも「(味方に)リアル二等兵混じってるし」とデカい声を出していた将官がいて、とても雰囲気が悪いお店だった。
お店自体はとてもイイ感じだったんだけどね。

Tags : テクノラティプロフィール

Posted by 不法電波 at 23:59
Categories: ゲーム | 楽天
Comments | Trackbacks

TopBottom

Trackbacks

Trackback URL:
http://ventura.pv.land.to/tt-cgi/tt_tb.cgi/104

TopBottom

Comments






保存しますか? Yes No


(URL以外は入力必須、過少コメント・連続投稿は不可)

TopBottom

< XdriveとかBlueStringとか | Home