2008年3月4日(火)

mixi規約改定

mixiが規約改定でユーザとモメてるらしいね。
つまるところ著作権に絡む問題らしい。
インフォシーク iswebライトでは、ユーザの著作権に関する規定によれば、運営会社は「運営のため」と限定的な目的でユーザから使用許諾されてる筈だ。

当社は、投稿等が利用者から提供された時点でこれらをインフォシーク運営のため無償で自由に利用し、また第三者に対して同様の利用権を許諾する権利を有するものとします。
インフォシーク利用規約

しかし過去のユーザの著作物に対しても限定せずに遡及適用させるってのは、mixiよ、やり過ぎじゃないかい。
当初の自らの著作権絡みの失政をユーザに被せるのかと、思いたくなってくる。
ま、mixiがやりたい事をやろうとするには、遡及適用しか手はないのはわかるが。
また、これくらいでユーザ数が激減することもないと、適切に予測しているのだろう。

ユーザは公開したがってる、つまり見られたがってる、これは確かだ。
mixiがクローズドなSNSであっても、足あと等のユーザ同士のつながりを持たせる機能、つまり見られやすい機能に秀でてるから活性化し、その噂に刺激されさらにユーザが流入し、より活性化し、ユーザはmixiでどんどん自分をひけらかす。
逆に言えば、自分の文章等が自分のモンだという自負があるからこそ、自分をひけらかしてるという意識が刺激されるというものだ。
この刺激こそ派手に言えば芸術欲求のうちの一つなんだから、悪い言い方に聞こえるかも知れないが、別に悪いことじゃない。
そこで、自分のモンでないかもよと言われれば、反発するのは当然の帰結だ。
特に、ひけらかすことをおマンマの一部又は全部としてる方々にとっては、たまったもんじゃないだろう。

見られたいのは確かだが、やっぱその前に安寧を求めるね、個人的には。
だからiswebライトはイイよ、落ち着いてて。
ここは楽天からはっきり言って放置されてるし(オイオイ)。
ぶっちゃけ対岸の火事だから、とは言わないが、著作権の問題とはちょこっと話題がズレちゃったかな。
でもホント、みんなiswebライトに来なよ!

Tags :

Posted by 不法電波 at 01:21
Categories: インターネット | 楽天
Comments | Trackbacks

TopBottom

Trackbacks

Trackback URL:
http://ventura.pv.land.to/tt-cgi/tt_tb.cgi/94

TopBottom

Comments






保存しますか? Yes No


(URL以外は入力必須、過少コメント・連続投稿は不可)

TopBottom

< Atom 1.0にXSLTスタイルシート適用 | Home