2008年2月7日(木)

Atom 1.0の配信、その後

こちらのとおりAtom 1.0を配信し始めてから、試しに様々なウェブアプリケーション型及びデスクトップアプリケーション型のフィードリーダーに読み込ませてみた。
日本ではRSS 1.0が主流で2番手がRSS 2.0系だから、3番手のAtomにフィードリーダーが果たしてきちんと対応してくれてるか、また、フィードリーダーがAtom 0.3には対応してても、Atom 1.0にはまだまだ対応してないんじゃないかとか、気になった点が多かったからだ。

結果、具体的なフィードリーダー名は避けるとして、ある程度は想定してたものだったが、判明したことは以下のとおり。

  • icon要素はまず反映されない。
  • link要素がfeed要素内又は1つのentry要素内に複数ある場合、ホームページ又は各記事のリンクはrel属性を"alternate"としないと理解してくれないものがある。
  • 各記事のcontent要素を取得しようとせず、summary要素を取得しようとするものがある。
  • 各記事のupdated要素を取得しようとせず、published要素を取得しようとするものがある。
  • そもそもAtom 0.3として読み込もうとしてるフシのものがある。

試したこれらのソフトウェアは一般的にもフィードリーダーでなくRSSリーダーと言われてるぐらいだから、Atom 1.0、まだまだ厳しそうですなぁ。
ちなみに、スキン(テンプレート)のHTMLのHEAD要素には、次のとおり登録した。


<link rel="alternate" type="application/atom+xml" title="Atom 1.0" href="http://hiro04267.at.infoseek.co.jp/atom.xml" />
<link rel="alternate" type="application/rdf+xml" title="RSS 1.0" href="http://hiro04267.at.infoseek.co.jp/index.rdf" />
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS 2.0" href="http://hiro04267.at.infoseek.co.jp/index.xml" />

結果、フィードリーダーにRSS又はAtomのURLを登録せずホームページのURLを登録した場合、フィードリーダーは当該ページのHTML上で最初に出現した、Atomを指定したlink要素を読み込むようだった。

Tags :

Posted by 不法電波 at 23:57
Categories: インターネット | 楽天
Comments | Trackbacks

TopBottom

Trackbacks

Trackback URL:
http://ventura.pv.land.to/tt-cgi/tt_tb.cgi/90

TopBottom

Comments






保存しますか? Yes No


(URL以外は入力必須、過少コメント・連続投稿は不可)

TopBottom

< Atom 1.0の配信を開始 | Home