2008年11月17日(月)

AOLとマイクロソフトとインフォシーク

過去記事に書いたとおり、AOLが負け組らしく颯爽と自社のウェブサービスの一部に幕を下ろそうとしている。
一方、負け組みになりたくないマイクロソフトは、Windows Liveを"Wave 3"と銘打って全面刷新し、ウェブサービスで挽回を図ろうとしている。
インフォシーク ニュースの"無料ストレージ「SkyDrive」が25Gバイトに Windows Live新バージョン"によれば、マイクロソフトはWindows Liveにぶら下がる各サービスを増強させ、Windows SkyDriveの容量をアップさせるばかりではなく、Windows Live Hotmailも抜本的に見直すらしい。

さらに調べたところ、これまでWebDAV -> DeltaSyncとPOP3やIMAP4ではない独自路線、しかも非公開の仕様でガンガってきたマイクロソフトが、ついに無料のPOP3アクセスに踏み込む、らしい。

These features include significantly improved spam filters, free POP3 access for all Hotmail users, the ability to access multiple email accounts (including Hotmail, Gmail, AOL, Yahoo! Plus, and many others--from a single Hotmail inbox, and unlimited email storage that simply grows as you need it.
Paul Thurrott's SuperSite for Windows: Windows Live Hotmail Preview

いやあインフォシークさん、もうウェブメールだけの時代は終わりですよ。
と言うか楽天さん、そろそろWeb 2.0っぽいウェブサービスをエンドユーザにガツンと提供してくださいよ。
例えば過去記事に書いたOpenIDは、マイクロソフトがCommunity Technology Preview(テストアカウントだけ)なのはまだしも、楽天は何故に"楽天あんしん支払いサービス"に行っちゃうかな、と。
でも、そこがまた楽天らしい目の付けどころと言うか...。

Tags:

Posted by 不法電波 at 00:50
Categories: インターネット | 楽天
Comments | Trackbacks

TopBottom

Trackbacks

Trackback URL:
http://ventura.pv.land.to/tt-cgi/tt_tb.cgi/117

TopBottom

Comments






保存しますか? Yes No


(URL以外は入力必須、過少コメント・連続投稿は不可)

TopBottom

< 旧Tripodメンバーでラッキー | Home