2012年9月17日(月)

煩わしい印刷ジョブの削除

OSがWindows7のPCで、印刷ジョブが残るトラブルがしばしば発生している。自分だけかと思いきや、けっこうあるみたいで、ヒューレット・パッカード社の『Windows 2000/XP/Vista/7 印刷ジョブの削除方法』のウェブページに対応方法が図解入りでわかりやすく取りまとめられているので、いつも参照させてもらっている。

ちなみに、この対応方法にある作業をそのままバッチファイル化したのが、ライフハッカーの『プリントジョブをサクッとキャンセルする方法』である。ただし、このバッチファイル、何の確認もせず一定条件下のファイルを全消去してしまうというのはいかにも危険なため、いちいちGUIで操作するのは煩わしいが、よくわかっている上級者以外は使用すべきではないと思う。

Posted by 不法電波 at 10:00
Categories: コンピュータ | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年9月16日(日)

エクセルでパスワード生成

Microsoft Excelで0~9とa~z(小文字)を使って任意の桁数のランダムなパスワードを生成しようかと思ったんだけど、全然スマートにできない。これらの文字を使った1桁の乱数なら、以下の計算式で簡単に生成できる。

=IF(RANDBETWEEN(1,36)<11,CHAR(RANDBETWEEN(48,57)),CHAR(RANDBETWEEN(97,122)))

このRANDBETWEEN関数はとても便利だが、「分析ツール」に含まれる関数のため、利用するためには分析ツールアドインの組み込みが必要。それが嫌な場合はより一般的なRAND関数を利用しても、以下のとおり人間の視覚的にはわかり辛い計算式ながら可能。

=IF(RAND()*36<10,CHAR(RAND()*10+48),CHAR(RAND()*26+97))

しかし、いずれにせよ、任意の桁数のパスワードを生成しようとすると、どうしても格好悪い方法しか思い付かない。例えば、上述の計算式のいずれかをA1~A20の20個のセルにそれぞれ入れ、B1に生成したい桁数を入力し、とこかのセルに以下の計算式を入れれば、任意の桁数のパスワードは簡単に生成できるが、これでは生成できる桁数が最大20桁までに制限されてしまうし、そもそも長ったらしくて全然スマートじゃない。なお、VBAを使えば簡単なんだろうが、だったらエクセルでやらずに最初からPerlでワンライナーだって。

=LEFT(A1&A2&A3&A4&A5&A6&A7&A8&A9&A10&A11&A12&A13&A14&A15&A16&A17&A18&A19&A20,B1)

ダッセ俺超ダッセ。でも、"=CONCATENATE(A1:A20)"で範囲指定した文字列を一つに結合できないExcelもいかがなものかと思う。

Posted by 不法電波 at 13:49
Categories: コンピュータ | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年4月30日(月)

無料ホスティングサーバのPHP

無料レンタルホスティングサーバにインストールされているPHPのバージョンを抽出調査した。だがこんなんコロコロ変わるし、公式の案内と実際とでバージョンに相違があるなんてしばしばだし、同じサービスでも鯖によって仕様が違ったりで、参考程度に。ちなみにセーフモードが廃止されたバージョン5.4系は、さすがにまだなかった。

無料ホスティングサーバのPHP
サービス名PHPのバージョン
Land.to5.2系
無料でEタウン5.2系
@pages5.2系
Space-i5.3系
WHSサーバ5.2系
Ribbon Network5.2系
Usamimi.info5.3系
freeweb5.3系
無料でEタウン5.2系
Fizby.net5.1系
グランパワー5.3系
Toypark5.1系
TOK25.2系
Byet Internet(海外)5.3系
FreeHostia(海外)5.2系
000webhost(海外)5.2系

[平成24年9月17日追記]
調査対象サービスを一部追加・削除

Posted by 不法電波 at 19:38
Categories: インターネット | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年4月29日(日)

DOCTYPE宣言でJavaScriptを無効化できる?

前回の続き。Script要素が制限されるDOCTYPE宣言でHTMLを書くと、ウェブブラウザでJavaScriptが動作しなくなるか、最新のウェブブラウザでテスト。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD Compact HTML 1.0 Draft//EN">
<HTML LANG="ja">
<HEAD>
<META HTTP-EQUIV="X-UA-Compatible" CONTENT="IE=edge">
<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>Test</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
<SCRIPT TYPE="text/javascript">
document.write(navigator.userAgent);
</SCRIPT>
</BODY>
</HTML>

XAMPPのhtdocs内に配置した以上のテストファイル(これは携帯電話向けCompact HTMLのDOCTYPE宣言)をWindowsXP上のInternet Explorer、Linux上のMozilla FirefoxGoogle ChromeOperaに読み込ませたところ、いずれもJavaScriptは動作しやがった。他に以下DOCTYPE宣言でのテストでも同様の結果。本当はもっとテストする予定だったけど、計4つまでやって上手くいかなかったので諦めた。無料ウェブホスティングサービスで自動挿入されるJavaScript広告を排除するには、やはりXML+XSLTでウェブページを作成するのが手っ取り早いようだ。

  • HTML3.0
    <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 3.0//EN">
  • HTML4.0 Mobile
    <!DOCTYPE HTML SYSTEM "html40-mobile.dtd">
  • ISO-HTML/JIS-HTML
    <!DOCTYPE HTML PUBLIC "ISO/IEC 15445:2000//DTD HyperText Markup Language//EN">
Posted by 不法電波 at 10:21
Categories: インターネット | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年3月20日(火)

Meta要素でNoScriptってあるの?

Meta要素のhttp-equiv属性の値を「noscript」とするおまじないを唱えると、スクリプトを無効化できるという噂を聞いたので、最新のウェブブラウザでテストしてみた。上手くいけば、無料のウェブホスティングサービスに自動挿入されるJavaScript要素の広告を無効化できるじゃないですかやだーwww

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
<meta http-equiv="noscript" />
<title>Test</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
document.write(navigator.userAgent);
</script>
</body>
</html>

XAMPPのhtdocs内に配置した以上のテストファイルをWindowsXP上のInternet Explorer、Linux上のMozilla FirefoxGoogle ChromeOperaに読み込ませたけど、いずれもJavaScriptが動作した。チッww

Posted by 不法電波 at 20:49
Categories: インターネット | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年3月19日(月)

おちゅ~しゃにパッチ

専ブラから2ちゃんねるに書き込むには、専ブラが忍法帖に対応していなければならない。Linux機にインストールしたおちゅ~しゃという専ブラがこれに対応していなかったため、バージョン6.0のソースに下のレスNo.721のパッチを当ててビルドしたところ、書き込めるようになったばかりでなく、ディストリビューションのビルド版よりCPUの占有率がダダ下がったので、ちょこっと幸せな気分。

716 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/06/02(木) 02:02:43.42 ID:gKpUdOnv
おちゅ~しゃから書き込みテスト1
719 :716:2011/06/04(土) 02:17:26.26 ID:wVIwNEAp
忍法帖の書き込みパッチ書いた
でも不具合あり。

DELETE FROM ochusha_cookies WHERE GLOB("[a-z]*", name) AND domain != uri.get_server();
こんなSQL文を実行すれば良さそうだが SQLite3Statementクラスが
C++初心者には、理解できていない誰か助けて。
720 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/06/04(土) 02:19:05.95 ID:wVIwNEAp
--- libochusha/cookie_manager.cc.org
+++ libochusha/cookie_manager.cc
@@ -465,6 +465,23 @@
cookie_value_buf.append(cookie.get_value());
}

+ if (select_matched_domain->bind(INDEX_DOMAIN, strpbrk((char*)uri.get_server(),".")))
+ {
+ if ( select_matched_domain->step() == SQLITE_ROW)
+ {
+ cookie_value_buf.append("; HAP=");
+ cookie_value_buf.append(select_matched_domain->get_column_text(COLUMN_VALUE));
+ }
+ }
+ select_matched_domain->clear_bindings();
+ select_matched_domain->reset();
+
return cookie_value_buf.c_str()[0] != '\0'
? strdup(cookie_value_buf.c_str()) : NULL;
}
721 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/06/12(日) 22:31:35.28 ID:RC9C2bUp
>>720 を修正
libochusha/cookie_manager.ccの93行目を
< #define OCHUSHA_COOKIES_SELECT_MATCHED_DOMAIN "SELECT * FROM ochusha_cookies WHERE domain = ?4;"
---
> #define OCHUSHA_COOKIES_SELECT_MATCHED_DOMAIN "SELECT * FROM ochusha_cookies WHERE GLOB(\"*\" || domain, ?4);"
これの方が簡単。

hibariで書いていて kamomeに書き込もうとすると、みたいな事をすると

ERROR:ブラウザを立ち上げなおしてみてください。

と言うエラーになる。クッキーで den=boを送らなければ良いのだが。
おいお前ら! おちゅ~しゃはどうですか? Ver.5

テストスレへの試し書き後、Mozilla FirefoxのプラグインであるSQLite Managerで~/ochusha/cookies.sqliteを開いたところ、クッキーに忍法帖のHAPの値が生成されていることを確認。そこで、その値をこれまで使っていたJD for Linuxのabout:configにあったHAPの値に書き換え、忍法帖のレベルをJDからおちゅに引き継いだ。引き継ぎの成功もテストスレで確認。これでようやく、忍法帖の出現で一時浮気していたJDからおちゅに戻れる。

Posted by 不法電波 at 23:07
Categories: コンピュータ | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年2月29日(水)

Mozilla FirefoxでDo Not Track

ウェブブラウザでトラッキング(広告等による巡回の追跡行為)から個人情報を守る方法に、「Do Not Track」(DNT)がある。
Mozilla Firefox 4.0及びSeaMonkey 2.1以降から機能しているらしい。
そこで、Fxのuser.jsを編集し、以下の1行を追加した。

user_pref("privacy.donottrackheader.enabled", true);

設定が終わったら、Do Not Track Test Pageで確認してみるといい。
ただし、これでDNTが有効になったとしても、オプトアウトより貧弱であり、簡単にはビッグブラザーの目を誤魔化せないことを忘れずに。

検索エンジンはその性質上、アルゴリズムは公開されない(公開したら、検索表示順を上げるための対策によって表示順が(今よりさらに)歪められる)ので、「ブラックボックス」であり続けるはずだし、人々は、その「ビッグブラザー」が表示した一番上あたりのリンクをあまり深く考えずにクリックしちゃうわけで。
特にGoogleという企業は、「選民意識が強い集団」になっていくような気がしますので要注意ですが、幸か不幸かGoogleも株式公開したので、公開会社としてのコーポレートガバナンスの仕組みが機能するのだと信じれば、あまりあからさまに「検索結果を操作して、愚衆を正しい方向に導いてやるのじゃ」みたいなことにはならないような気もします。
ただし、検索エンジンは「人間の持つすべての知を操作する道具」であり、これは非常に大変なことなはずなので、必ずや、人間がアルゴリズムを作るだけでなく「コンピュータ自体にアルゴリズムを最適化させよう」ということになっていくはず。そういった「コンピュータが自分でアルゴリズムを最適化する(つまり膨大な量の擬似的な「思考」を始める)」未来に、人間(の取締役会)が、その「ビッグブラザー」の中身を理解して、これをgovernできるんでしょうか、ということですが。

Googleのビッグブラザー性 | isologue (2004年10月4日)
Posted by 不法電波 at 23:19
Categories: インターネット | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年2月27日(月)

戦場の絆でフルアンチ

マニアックな話だが、機動戦士ガンダム 戦場の絆っていうアーケードゲームの、ゴ黄ブリ怠佐の意見なので聞き流してほしい。
誰もタンクに乗らない -> 俺がタンク乗る、のヘビーローテに飽きたから、誰かタンク乗ってくれ。
タンク戦術でないフルアンチ戦術でも構わないが、それは敵がタンク戦術してるのが前提だろう。
敵がタンク戦術してない場合を考慮すれば狙が必要なのに、それすら選ばないんだったら、少なくともタンク乗ってくれ。

両軍フルアンチの虚しさっていったら半端ない。
誰かが墜ちたら負けだから、最後までまともな戦闘は行われず、引き分けのままゲーム終了となる。
プレイヤーが誰1人として「楽しかった」と思えない。
客が「楽しかった」と思えないんだから、ゲームセンターやバンダイナムコも損をする。
そのような理由でプレイヤーが減れば、マッチングの多様性が損なわれ、残ったプレイヤーもつまらなくなっていく。
本当に皆が損をする。
だから今日も俺はタンクに乗る。
でも、前段の理由で、そろそろ超下手っぴな狙の練習をしなければならない。
結果、タンクが選ばれないとき、信じられない狙が大佐戦に出没するので、よろしく。

Posted by 不法電波 at 22:32
Categories: ゲーム | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年1月9日(月)

XAMPP及びPerl環境の再構築

先日吹っ飛んだHDDには、データ用(Dドライブ)でありながら、XAMPP for Windows及びActivePerl環境(当時のXAMPPにはPerlが含まれていなかった!)を構築してあったのを忘れていた。
そこで、再構築に至ったのだが、ついでに、Perlのバージョンはここland.toと同じ5.8.8に合わせる事にした。

といっても当時のインストーラ、確か5.6.Xも同時に吹っ飛んでしまった上、ActivePerlからはもう古いバージョンをダウンロードできないため、まんま再現するのは不可能だからだったりもする。
再構築に当たり、今でもダウンロードできるStrawberryPerl又はXAMPP Perl Add-onという選択肢から、後者のアドオンのほうを選んだ。
だって当時のStrawberryPerlってDドライブにインストールするためにDドライブ専用インストーラ(strawberry-perl-5.8.8.4-ddrive.exe)を使うらしいんで、何か不安。
対してこのアドオンなら、XAMPPとの親和性もありそう。
しかし、部屋に転がっていたHDDをとりあえず新Dドライブにしておいたので、そこへ無考えにXAMPP->Perl Add-on 5.8.8(xampp-win32-perl-addon-5.8.8-2.2.8-installer.exe)とインストールしたところ、Perl Add-onのインストール時、XAMPPに含まれるApache HTTP Serverのバージョンとの相性が悪いらしく、コケた。
調べたところ、このアドオンのバージョンに対応するのはXAMPP 1.6.6a(xampp-win32-1.6.6a-installer.exe)らしい。
XAMPPをアンインストールした後、今度はXAMPP 1.6.6a->Perl Add-onの順にインストールしたところ、あっさり再構築完了。

Posted by 不法電波 at 10:50
Categories: コンピュータ | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

2012年1月5日(木)

HTTPレスポンスヘッダを設定できず

明けましておめでとうございます。
さて、ここland.toで.htaccessに以下のとおりHTTPレスポンスヘッダの設定を記述したら、動作せずがっくり。

<IfModule mod_headers.c>
Header set X-Content-Type-Options "nosniff"
Header set X-Frame-Options DENY
Header set X-UA-Compatible "IE=Edge,chrome=1"
Header set X-XSS-Protection "1; mode=block"
</IfModule>

主にセキュリティ関係を強化したかったのに、新鮮早々、残念。
ところで、当サイトのHTTPレスポンスヘッダに"X-Powered-By ModLayout/3.2"の不吉な文字が入っていた事に、今回はじめて気付いた。

Posted by 不法電波 at 23:46
Categories: インターネット | 楽天
コメント (0) | トラックバック (0) |

TopBottom

| Home